イソフラボンのタイプグリコシド型とアグリコン型の違い

イソフラボンのタイプグリコシド型とアグリコン型の違い

イソフラボンには、アグリコン型とグリコシド型と呼ばれる2つのタイプが存在しています。
グリコシド型とアグリコン型の違いは含まれている食品にあたります。

 

アグリコン型のイソフラボンは、グリコシド型と比較すると、吸収する時間が早くて吸収率が高くなります。
アグリコン型が吸収率が高いのは、グリコシド型と比較して、その分子量が小さくて細かいからです。
腸内細菌の働きに左右されることなく、非糖体です。
味噌は、アグリコン型です。

 

グリコシド型のイソフラボンは、お豆腐や納豆に含まれています。
アグリコン型と比較して分子量が大きいのは、糖がついているためで、腸内細菌に左右されます。
吸収率には、個人差があり、アグリコン型は、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た性質を持ち合わせており、女性ホルモンの急激な減少が原因で、ホルモンバランスに異常がみられた場合は、アグリコン型の摂取がオススメです。
ふだんわたしたちが毎日食べている食材の中に、含まれた食品が身近にあります。

 

エストロゲンが不足していると、エストロゲンが多量にあればよいと思う人もいるかもしれませんが、エストロゲンの量は、多すぎても少なすぎても体調に不調がみられます。
イソフラボンは、サプリメントとしても多数の健康食品のメーカーから、アグリコン型とグリコシド型のイソフラボンが販売されています。
エストロゲンのバランスが良くなると、お肌のハリやツヤも出て、美肌効果も出てきます。