大豆イソフラボンの適切な摂取量

大豆イソフラボンの適切な摂取量

大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に多く含まれるフラボノイドと呼ばれる色素で、ポリフェノールの一種です。

 

化学構造が女性ホルモンのエストロゲンに似ていて、体内でエストロゲン受容体と結合することから、女性ホルモンのような働きをするとみられています。

 

そのため、女性ホルモンが減少する更年期以降の女性では、大豆イソフラボンを摂取することで、更年期障害を軽減したり、骨粗しょう症を予防したりする効果が期待されます。

 

また、美肌効果やコレステロールを低下させる作用も注目されています。

 

大豆イソフラボンは、体内のエストロゲンが不足している時は補い、多い時には抑えるといった調節の働きも持っています。

 

通常の食事による摂取量では問題ないとされていますが、サプリメントや健康食品等で過剰摂取した場合にホルモンバランスが乱れリスクが高まることが心配されており、食品安全委員会によって、摂取量の上限値の目安が示されています。

 

それによれば、一日当たりの摂取量は70mgから75mgくらいまで、そのうちサプリメント等で摂取するのは30mgまでが望ましいとしています。

 

食品に含まれる大豆イソフラボンは、豆腐半丁150gで約30mg、納豆1パック50gで37mg前後です。