イソフラボンの過剰摂取について

イソフラボンの過剰摂取について

イソフラボンとはポリフェノールの一種で女性ホルモンとよく似ています。
大豆や油揚げ、納豆や味噌の大豆製品に多く含まれていて、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があり、骨量を保ったり、中性脂肪値や血圧値の正常化をするなど、身体にいい影響を与えてくれます。
なので、サプリメントなどでイソフラボンを補う人が増えていますがイソフラボンの過剰摂取に警鐘です。

 

1日の摂取目安は70〜75mgでサプリメントなどの摂取は30mgまでが望ましいとされています。
なぜなら、サプリメントなどで大豆イソフラボンのみを過剰に摂取すると女性ホルモンのバランスがくずれる可能性や子宮内膜増殖症などのリスクが高まるという報告があります。
女性ホルモンに似ているので、体内で女性ホルモンとして機能してしまうと、思わぬ危険を引き起こす場合があります。

 

日本人はもともと大豆製品を口にする機会が多いですが、普段の食事は問題ないとされています。
美肌にいいとされていますが、過剰摂取などに気をつけ、イソフラボンの過剰摂取について考える必要があります。