カプサイシンとイソフラボンは本当に育毛効果があるのか

カプサイシンとイソフラボンは本当に育毛効果があるのか

カプサイシンとイソフラボンは本当に育毛効果があるのかイソフラボンとは、赤ワインの成分としても知られるポリフェノール類の1つで、フラボノイドの一種です。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た性質を持っています。
イソフラボンは男性の体内で、女性ホルモンのように作用します。
これは変な意味ではなく、育毛に効果的な働きとして作用すると言えます。
ちなみに男性の体内でもほんの微量ですが女性ホルモンは存在しています。

 

女性のように色素が濃く、量の多い髪の毛を作るようイソフラボンは促すわけです。
この点でイソフラボンは、育毛効果が期待できる成分・物質と言えます。

 

さらにイソフラボンは、毛母細胞に発毛を促すといわれているIGF‐1を作るために必須の物質です。
IGF−1を作るためにはCGRPという物質が必要ですが、このCGRPを作り出すことが出来るのは、イソフラボンしかありません。

 

CGRPの作成を増進させるのはカプサイシンです。
イソフラボンとカプサイシンは共に育毛効果が期待できる成分・物質ですが、2種類をセットで摂取すると効果的です。