女性ホルモンエストロゲンとは

女性ホルモンエストロゲンとは

女性ホルモンエストロゲンとは、卵胞ホルモンとも呼ばれ、卵巣で分泌され、乳房や子宮、卵巣などの生殖器の成長を促進する、妊娠に備えて子宮内膜を厚くする、排卵を促す、バルトリン腺の分泌を促すなど生理や妊娠に関わる重要な働きを担っています。

 

また、LDLコレステロールの低下、骨の形成促進ホルモンの分泌促進や骨密度の維持、脳や自律神経の働きをよくするなどの働きもあります。

 

更年期になるとエストロゲンの減少が原因で、ホルモンバランスが乱れ、生理不順や体調不良などの更年期障害と呼ばれる症状が現れます。

女性ホルモンエストロゲンの働き

女性ホルモンエストロゲンの働きで、一般的に知られているのが妊娠との関係です。

 

排卵を促すことにより、生理が起こるのも女性ホルモンエストロゲンの働きです。

 

その他にも、女性の肌のハリには欠かせないホルモンでもあります。

 

また女性らしさを形成したり、コレステロールの軽減や骨密度にも関係してます。

 

そのため、閉経後の女性は女性ホルモンが分泌されなくなり、コレステロールが増えたり、骨粗しょう症になりやすくなります。

 

このように女性ホルモンエストロゲンの働きは、女性の体を形成するために欠かせないホルモンになります。

 

どうしても不足してしまうとい鵜ときには似た働きをする大豆イソフラボンを摂取するというのも一つの方法だと思います。