大豆イソフラボン 効果

大豆イソフラボンの効果を考える

大豆イソフラボンについて

大豆イソフラボンは豆腐や納豆、味噌などに多く含まれている成分であり、副作用などはほとんどないと言われています。

 

この大豆イソフラボンには、がんの予防や骨粗鬆症の改善、更年期障害の緩和、悪玉コレステロールを減少させる効果などがあるとされており、身体に良い影響を与えるための成分として知られています。

 

しかし、身体に良いことばかりである大豆イソフラボンであっても、サプリメントによって摂取しようとする場合は摂取量に気をつけるという必要があります。

 

それは一日に必要な大豆イソフラボンを全てサプリメントで補おうとすると、サプリメントは食品よりも栄養素の吸収率が高く、たくさん摂取しすぎてしまうためです。

 

そして、大豆イソフラボンを過剰摂取してしまうと、体内のホルモンバランスが崩れたり、発がんのリスクが高まる可能性があるとされているため、サプリメントで摂取する量は一日30mg以内になるようにして、残りは食品で摂取するのがオススメです。

 

基本的に通常の食事で摂取する量には問題がありませんが、サプリメントを利用して摂取するという場合は必ず記載されている一日の摂取目安量を守り、過剰摂取には気をつけるようにしましょう。

大豆イソフラボンの効果

大豆イソフラボンはたくさんのテレビや雑誌などでも取り上げられている、話題の栄養素です。

 

豆乳やお豆腐など、それこそ大豆製品にたくさん含まれていて、日ごろの食事から簡単に摂ることができます。

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似たような作用をするため、エストロゲンの排出が少なくなった更年期の女性や、他にももちろん、若い女性にもたくさんの効果を発揮します。

 

更年期の女性の場合には、エストロゲンなどの女性ホルモンが出にくくなることによって、様々な不具合が起こります。

 

骨の退化や生活習慣病にも多いに関連しているのがこの女性ホルモンなのです。

 

しかし、無理にエストロゲンを排出させることは大変難しいので、その代替物として大豆イソフラボンをよく摂取することでその効果を補うことができるのです。

 

また、近年若い女性の中で、ストレスや体の冷えによる生理不順や、不妊症などの症状を抱えている人が増えてきています。

 

病院で治療する際には、女性ホルモンを投与したりもしますが、これは言ってしまえば体の自然な機能を無視して、人工的に投与するものなので、結果的に体の機能が根本から改善するわけではないのです。

 

そんなときも大豆イソフラボンをよく摂るようにすれば、同じ効果を得ることができます。

大豆イソフラボンサプリメントについて

イソフラボンを効率よく摂取するならサプリメントは便利ですね。
サプリメントなら吸収力の高いアグリコン型を摂取することもできます。
ただ、価格や配合成分も商品によって違いますのでこちらの大豆イソフラボンサプリメントなどを参考にしてみてください。